ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

米山みどり、3アンダーで単独首位

雨降る中おこなわれた、廣済堂レディス。初日リードしたのは3アンダーの米山みどり。1打差に那須美根子、元載淑。

米山みどりは4バーディ、1ボギー。「グリーンが難しい。読んだ通りにいかなくて」と納得がいかない。しかし「我慢のゴルフが出来た」のが効いたのか、好スコアにつながった。新人米山が初日から首位に来のはダイキンオーキッド、グンゼワールドカップと今季に入って今日で3度目。ただし初日だけという限定つきだ。「初日がいいと、2、3日目が悪いんです」 3日間通してがんばりたいところだ。

この大会はプロになって初めて出場して以来、今年が2回目の那須美根子。「ショットはあまり良くないが、スコアはソコソコ。明日もつなげていきたい」 ツアー最高成績は一昨年、五洋建設で11位タイ。「なんとかこのチャンスをものにしてシード権を確保したいです」

「流れがよかっただけ」という元載淑。アウトでは2ボギー叩いたものの、4バーディを沈めて70とした。「流れがイマイチつかみきれていない。でも、気持ちの面で強く持てる部分が出てくれば、結果もついて来るでしょう」

2連勝中の村口はパープレーで11位。まだ、十分優勝を狙える位置にいる。

関連リンク

1999年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~