ニュース

国内女子シスコワールドレディースマッチプレーチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

予想通り!? A.ソレンスタムVS朴セリとなった

準決勝第一試合はA.ソレンスタムL.ケーンの対決。序盤からパーセーブを繰り返すソレンスタムに対し、ケーンはショットが乱れ自滅のような形になった。13番ホールでソレンスタムがバーディを奪い5アップでドーミーホールを迎えた。しかし、14、15番ホールはケーンが意地を見せ3アップまで戻したが、16番ホールでソレンスタムがトドメのバーディを奪った。スコアは3アンド2だった。

第二試合は韓国の朴セリと台湾の黄玉珍との対決となった。今大会アイアンが絶好調の朴は、スタートホールを取った。3番でオールスクエアとなったが、その後は終始朴が試合を引っ張った。14番ホールでこの試合7つ目のバーディを奪い6アンド4で決勝にコマを進めた。

これぞマッチプレーといったハイレベルな戦い

米ツアーランキング首位のアニカ・ソレンスタム、そして2位の朴セリとのファンも日本のゴルフファンも望んだ好カードとなった決勝戦。準決勝まで互いに隙の無いゴルフをしてきた2人の対決は1つの流れが勝敗を決めた。

スタートから1番、2番と朴のアイアン絶好調で2アップにすると、6番を終えてなんと4アップという一方的な展開となった。しかし、ドラマはこれから始まった。8番で朴が久しぶりのボギーを叩き、ソレンスタムが1つ返すと、11番ホールまでソレンスタムが連取し、オールスクエアとなった。

そして15番でソレンスタムがバーディを奪ったのに対し、朴のバーディパットは惜しくもカップにけられてしまった。このホールの1アップを最後まで守ったソレンスタムが勝利を収めた。

「惜しかったです。前半リードしていて、私自身はちゃんとプレーをしていたつもりだが、8番、15番がキーホールだった。8番でアニカ(ソレンスタム)のドアを明けてしまったという感じ。マッチプレーは好きになってきてますし、また来年ぜひ参加したいです」敗れはしたが、”さすが”と思わせるプレーを随所で見せてくれた朴。来週は家族と休養を取り再来週行われるシーズン米ツアーの最終戦に出場する予定だ。

怒涛の4連続奪取で勝利を呼び込んだソレンスタムは、この1勝で2年間K.ウェブに奪われていた賞金女王の座奪回を決定付けた。

「大変な逆転劇でエキサイティングでした。8番の朴選手のミス、特に11番のバーディがキーでした。これで勝つことができるのではないかと思いました」11番でオールスクエアにもどしたのだが、勢いがついたソレンスタムは、この時点で勝利を確信したという。先週予定されていた韓国での試合が中止になったこともあり、来週も日本に滞在する予定にしている。そして、来週のミズノクラシックにエントリーし、ウェイティングに入っているという。来週もソレンスタムのプレーが間近で見られるかも知れない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 シスコワールドレディースマッチプレーチャンピオンシップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。