ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

大場美智恵が好スタート。不動も2打差につけている

国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」が14日(金)、三重県の涼仙ゴルフ倶楽部で開幕した。

初日好スコアをマークしたのは、今シーズンすでに2勝している大場美智恵。スタートの1番でボギーを叩いた大場だが、2番ですぐにバーディを奪い振り出しに戻した。そして、8番パー5から10番のパー5まで、3連続バーディを奪い、その後もスコアを3つ伸ばした。

<< 下に続く >>

「今週は2桁アンダーでの勝負になるでしょう。追い上げていくほうが良かったけど(笑)」現在の賞金ランキング4位の大場は、首位争いをする不動、天沼とは2,000万円以上の差が開いているが、残りの試合数を考えれば、まだまだ逆転の可能性がある。

5アンダーの単独2位にはホリプロ所属の浅野彰子が入っている。94年プロ入りで、所属が芸能プロダクションということもあり注目されてきたが、なかなか成績が残せず苦しんでいた選手だ。

「67、5アンダーはプライベートを含めて初めて。いつも、ずっこけちゃうタイプなので・・・誰も期待していないでしょうけど頑張ります」シード権を持たない浅野にとって、この試合も主催者推薦での出場。現在賞金ランキング74位なので、この大会で上位に入り初の賞金シード権獲得に向けランキングを上げときたい。

また、首位と2打差の3位には不動裕理がつけている。3番パー5でボギー先行となった不動だが、その後は5つのバーディでスコアをまとめ4アンダーで初日を終えた。賞金争いでライバルの天沼知恵子が、この日1オーバーの43位と出遅れただけに差を広げるチャンスとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!