ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

諸見里しのぶがメジャー2勝目! 猛追のP.クリーマーは1打及ばず

茨城県の茨城GC西コースで開催されている、国内女子ツアーのメジャー第1戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」の最終日。真夏を思わせる強い日差しが照り続け、最高気温は28度まで上昇。昨年大会の2倍近い11,714人のギャラリーが詰めかけ、1打を争う熱戦を見守った。

2位に2打差の単独首位からスタートした諸見里しのぶは、優勝争いの重圧に負けず、4番でピン右5メートルを沈めてバーディを奪う絶好の滑り出し。3番パー5はボギーとするが、4番で5メートルを沈め、さらに5番パー5では2オンに成功して連続バーディ。7番パー4では、2打目を30センチにつけるスーパーショットでバーディ、9番では12メートルを沈めバーディ!着実にスコアを伸ばし、首位を快走する。

だが、後半に入り流れが停滞。13番ではグリーン手前カラーから、パターで14メートルのロングパットを沈めバーディを奪うが、その後14番、16番とボギー。同じ最終組で回る全美貞(韓国)と福嶋晃子に詰め寄られると、さらに6位タイスタートのポーラ・クリーマーが猛チャージ。16番までに1イーグル、6バーディ、1ボギーと猛追し、通算12アンダーで先にホールアウト。最終組の上がりを待つ。

17番パー5で福嶋がイーグル、全がバーディを奪い、通算12アンダー。1打差に詰め寄られて最終ホールを迎え、「緊張はありました」という諸見里。それでも最後まで冷静さを貫き、2オン2パットのパーでホールアウト。1打差で辛くも逃げ切り、通算4勝目とメジャー2勝目を達成した。

通算12アンダーの2位タイには、惜しくも1打及ばなかったポーラと全。通算11アンダーの単独4位には福嶋晃子、通算10アンダーの単独5位に李知姫(韓国)が続いた。横峯さくらは4ストローク伸ばし、通算9アンダーの単独6位で終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。