ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

高村亜紀がプレーオフで金愛淑を下し、昨年の雪辱を果たした。

国内女子ツアー「廣済堂レディスゴルフカップ」の最終日。天候は予定通りの雨模様となり、水を含んだコーライグリーンはさらに難しくなった。この悪条件でスコアを伸ばしたのが、韓国の金愛淑。イーブンパーの6位からスタートした金は2番でボギーを叩いたが、3番パー3、4番パー5で連続バーディを奪った。8、9番でも連続バーディで3アンダーで首位に立つと、最終18番パー5でもバーディを奪い4アンダーでフィニッシュ。

最終日を首位で迎えた中島千尋、黄玉珍がスコアを落とし、金の逃げ切りかと思われたが、最終組の高村亜紀が終盤スコアを伸ばした。前半2つのバーディで4アンダーまで伸ばしていた高村だが、10番ホールで痛恨のトリプルボギーを叩き、1アンダーまでスコアを落とした。「いつもだったら、やる気をなくしていると思うけど、今日は欲がなかったので・・・。それが後半のバーディにつながった」風邪気味で18ホール回るだけが目標といっていた高村がその後、不死鳥のように蘇った。
14番パー5で2メートル、16番では3メートルのバーディパットを沈めると、最終18番も1メートル弱のバーディパットを慎重に決め、4アンダーでついに金に追いついた。
そして、プレーオフ1ホール目、4メートルのバーディパットを決めた高村が今シーズン1勝目を飾った。

昨日のラウンドから、藤井かすみに借りたパターでラウンドした高村は「必ず返して!と言われているので、来週返します。そのまま使っちゃうかもしれませんが・・・」優勝賞金から藤井への謝礼(レンタル料)を払うのか気になる。

最終日ベストスコアながら、プレーオフで敗れた金は「いいプレーでしたので悔いはないです。今日は3アンダーで回れれば上位でいけるかなと思っていました。今回は負けてしまったが、次は勝ちにこだわってプレーしたい」オフのトレーニングを3、4年一緒に行っている同友対決は高村に軍配が上がった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。