ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

逆転女王を目指す横峯、古閑は共に12位発進

宮崎県にある宮崎カントリークラブで行われている国内女子ツアー最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の初日、この日は朝から冷たい雨がぱらつく、肌寒い一日となった。

今年最後のメジャー大会で、賞金女王もこの試合で決まる。女王のタイトルは、李知姫(韓国)、横峯さくら古閑美保の3選手に絞られている。その3選手の中で、初日を終えて一番上にいるのは、通算1アンダー・2位タイの李。横峯と古閑は、共に1オーバーで12位タイにつけている。横峯と古閑は優勝が最低条件。逆に、李は単独3位以内に入れば、自力でタイトル獲得を決められる。

初日を終えて単独首位に立ったのは、通算3アンダーの宋ボベ(韓国)。今年の開幕戦を制した宋は、昨年同大会の最終日にはコースレコードタイの「65」で回って単独3位に入るなど、コースとの相性も悪くない。今週は少し風邪気味というが、「最後まで自分のペースを続けて平常心で頑張りたい」と、前向きに話した。

2打差の2位タイには、李、申智愛(韓国)、全美貞(韓国)、三塚優子の4選手が続く。「今日は惜しいパットばかりでした」という三塚だが、「去年の4位を上回りたいし、最後の試合なので勝ちたいです」と気合は十分。また、今世界で最も勢いのある女子ゴルファーの申は、「アイアンの距離感が合わなかった」と不満げも、順位的には好位置をキープしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。