ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

自力で決めた!桃子、今季5勝目で賞金女王奪取!

香川県三豊市のエリエールゴルフクラブで行われている国内女子ツアー第35戦の「エリエールレディス」最終日、3日間で一番の強風が吹き荒れる厳しいコンディションとなったが、首位スタートの上田桃子が逃げ切って今季5勝目を達成し、史上最年少で賞金女王のタイトルを獲得した。

2位と1打差の単独首位からスタートした上田は、2、3番と連続ボギーでスコアを落とし、一時は原江里菜にトップを譲る。だが、「自分が崩れるのが一番嫌だった」という上田は、じっとチャンスを待っていた。すると、6番ではピンまで20ヤードを直接カップに沈めてバーディ奪取。「勝った試合では、全部チップインしている」と、縁起の良いプレーが飛び出し、流れを引き戻した。

悪コンディションで各選手スコアを伸ばせない中、3バーディ3ボギーの「72」で回った上田は、2位に3打差をつける圧勝劇。今年の勢いを見せつけた。「ずっと凄いと思っていたさくらちゃんの存在がプレッシャーでした。毎週毎週緊張して、早くこのモヤモヤから抜けたいと思っていました。優勝してタイトルを決められて、今はすごく幸せです」。

今年、初優勝から一気に賞金女王まで駆け抜けた21歳は、ようやく肩の荷を下ろし、18番グリーンでは涙で目を潤ませた。初優勝の年に女王を獲得したのは初めての快挙。史上最年少記録も更新する記録づくめのタイトル奪取となった。

2位に続いたのは、諸見里しのぶ原江里菜西塚美希世川原由維の4人。横峯さくらはスコアを落とし、通算3アンダーの6位タイ。全美貞は4オーバーの32位タイに終わった。

なお、この試合で来季の賞金シードも確定し、今週予選落ちでシード喪失の危機にあった土肥功留美は51位で滑り込みセーフ。一方で、女子プロ選手権で優勝争いをしながら失格となった大場美智恵は、土肥に約100万円届かず52位となり、予選会に回ることとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!