ニュース

国内女子シスコワールドレディースマッチプレーチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

また勝っちゃった! 米山みどりが最終日まで残った

日米両ツアーの賞金ランキング上位16名づつが出場しているマッチプレー「シスコワールドレディースマッチプレーチャンピオンシップ」。初日から波乱の展開が続いているが、この日行われた3回戦は日本勢で残っている米山みどり不動裕理に注目が集まった。

1回戦で金美賢に1アップで勝った米山は、2回戦でもL.ケーンに対し1アップという接戦を勝ち上がってきた。そして、この日もK.ロビンスを相手に緊迫した展開になった。1番ホールは米山が取ったが、4番まで交互に奪い合いイーブンに戻った。

5番ホールは初めてパーで分けたが、6番ホールは米山が3度目のリードを奪った。その後は米山のペースになり、10、12、13番を奪った。4アップまでリードを広げた米山は、15番ホールで距離のあるパーパットを決め4アンド3で準決勝進出を決めた。

「また勝ってしまいました。今日は風の影響もあると思いますけど、ショットが曲がっていた…。でも相手も同じ条件でしたから。アップ、ダウンしながらのプレーでした。明日準決勝の相手はヒーウォンですね。こういう大会でしかも、準決勝で対戦できることはうれしいです」

米山と対戦する韓国のハン・ヒー・ウォンは1998年に日本女子プロゴルフ協会のプロテストに合格した。米山とは同期生なのだ。ハンは99年に大阪女子オープン、NEC軽井沢72で優勝し、翌年から米国ツアーで活躍している。

そして、第4試合に登場した不動裕理だが、こちらは2番ホールでグレース朴に先制され苦しい展開となった。これまでの2試合は先にポイントを稼ぎ、相手にあせりを感じさせながらのラウンドだったが、この日はまったく逆の立場となった。

昨年の大会同様、日本選手がバタバタと姿を消す展開となっているが、米山と共に3回戦にコマを進めたのは、日本が誇る2年連続賞金女王の不動裕理だ。

6番で2ダウンになると、続く7、8番は本来の不動のゴルフができないまま朴に奪われてしまった。10、11番でも取られ6ダウン。13番ホールまで不動は1ホールも取れず屈辱の6アンド5という大敗を喫してしまった。

もう一試合、M.レッドマンC.コークの対戦は、実力者どうしの見ごたえある熱戦となった。終盤の勝負どころで、レッドマンのパッティングが決まらずコークが準決勝に進出。グレースと戦うことになった。


特集SPECIAL

プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには林菜乃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~