ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

快心のイーグルで勢いに乗った! 高又順が逆転優勝

日本女子ゴルフ界の最高峰「日本女子オープンゴルフ選手権」は、昨年とは異なり、4日間とも快晴に恵まれた。そして優勝争いも、バーディでスコアを伸ばせなければ取り残される展開となった。

優勝スコアは14アンダー。奇しくも昨年の14オーバーとは逆に好スコアで決着がついた。

優勝したのは韓国の高又順。これまで日本ツアーで6勝を挙げている高だが、この日本オープンのタイトルが欲しかった。アマチュア時代にローアマに輝き、プロになってからは、2度2位になっている。

最終日の高は、パーセーブを繰り返す、おとなしいスタートをきった。そして8番パー5で、2打目でグリーン手前に運ぶと、3打目のアプローチでカップを狙った。同じ組でラウンドしたロレーナ・オチョアのボールが邪魔になるので、マークを要求したのだ。そして、ウェッジで転がしたボールは、狙ったライン通りに転がり、見事にカップイン。

このイーグルで波に乗った高は、後半に入り11、12番で連続バーディ。そして15番でもバーディを奪い完全に抜け出した。終盤はチャンスらしいチャンスはなく、パーセーブをくりかえしたのだが、アプローチが優れ、ギャラリーの声援にガッツポーズで応える場面が目立った。

優勝した高は、3年間のシード権を獲得。この日の賞金1400万円を加え、今シーズンの賞金ランキングも4位に浮上した。

高と3打差の11アンダー2位は、単独首位からスタートした台湾の黄玉珍。少し離れて、7アンダー3位には白戸由香不動裕理、そして初日単独首位で飛び出したロレーナ・オチョアが並んだ。2日目以降伸び悩んだオチョアは、最終日に2つスコアを落としてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。