ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

藤井かすみが再逆転し、シーズン2勝目。ランキングも2位に浮上した

国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」は、初日に単独首位に立った藤井かすみと2日目に首位になった小野香子の同期対決となった。

最終日に3ストローク伸ばした藤井が、12アンダーまで伸ばし再逆転してシーズン2勝目を挙げた。今週の藤井は、9番、18番のパー5でスコアを稼いだ。初日9番でイーグルを奪い、それ以外は全てバーディ。この2ホールで7アンダーを叩き出している。ロングヒッターの藤井ならではの攻め方が出来たようだ。

「今朝は、67くらいで回ってこないと優勝はないと思っていたので、目標はそこにおいていました。ショットもまあまあ良かったと思う。体が固くなっているわりには。それが上手いこと全部1ピンくらいについていた」

自分のゴルフにがむしゃらさが足りないという藤井は「これからは2位でもいいかなという感じではなくて、勝つということに執着して、やっていきたい」

藤井はこの試合の賞金1080万円を加え、生涯獲得賞金が2億円に達した。今シーズンの賞金も4900万円を超え、ランキングは2位。首位の不動裕理が6200万円で、藤井、久保樹乃藤野オリエが僅差で争っている。

最終日にスコアを1つ落としてしまい、逆転優勝を許してしまった小野。スタートの1番でボギーを叩き、勢いに乗ることが出来なかった。3番パー5でバーディを奪ったが、8番でボギーを叩き藤井にリードを許してしまった。その後はチャンスにも恵まれず、小野にとっては苦しい1日になってしまった。

頚椎にバクダンを抱える小野だが、最近は痛みもなく心配はないという。2日間調子の良かったパットが決まらず、スコアを伸ばせなかったが、シーズン後半に向け、この調子で優勝争いに加わって欲しい。

ベテランの安井純子が、3ストローク伸ばして9アンダー単独3位。そして、最近好調の木村敏美が、6ストローク伸ばし8アンダー単独4位に食い込んだ。今シーズン休みなしで参戦を続ける木村は、疲れも見せず頑張っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。