ニュース

国内女子ヴァーナルオープンの最新ゴルフニュースをお届け

女王の座は渡さない!不動、やっと今季2勝目!

国内女子ツアー「ヴァーナルオープン」最終日。この日のベストスコアとなる68で回った不動裕理が、通算6アンダーで優勝を果たした。不動はこれで今季2勝目となった。

遂に女王が目を覚ました。前半は2バーディ、2ボギーと静かなゴルフだったが、上位陣がスコアを崩していたこともあり、フロントナインを終えた時点で首位に立った。そして後半に入ると同時に一気にチャージをかけ、16番ホールまでで5つのバーディを奪い、あっさりと2位以下を引き離した。

「トップが伸びていなかったので、落ち着いてプレーすることができた。バックナインに入ってからも、パープレーすればプレーオフに残れると思って安全にプレーした」

安全にプレーしながらもバーディを重ねていくことができるあたりに、女王の風格を感じる。これは不動にとって初の連覇となる記念すべき試合となった。昨年も8月に行われた本大会での勝利で弾みをつけ、年間4勝をマークして2年連続賞金女王に輝いた。これで賞金ランクも2位に浮上し、1位の久保樹乃に約150万円差まで迫ってきた。

そして2位タイには、不動のライバルであり同期の天沼知恵子が入った。天沼は出だしから3連続バーディでラッシュをかけ、前半終了時点では2アンダーで不動とともに首位に立っていたが、後半に入ると立場が逆転し、不動の爆発力の前に意気消沈してしまった。天沼も爆発力を持つ選手だが、今日は5バーディ、3ボギーと出入りが激しかった。今年はショートゲームの調子が悪いせいで、パーオンを逃すとスコアを崩すパターンが続いている。今日もそのパターンにはまってしまった格好だ。結局、トータル1アンダーで競技を終了した。

そして現在賞金ランクトップの久保樹乃は、トータル1オーバーで7位タイに入った。来週の全英女子オープンに出場する選手の一人だが、調子は悪くないようだ。

「勢いに乗っていけるかと思ったが、グリーンが重く、距離感を出しづらかった。ラフがきつかったので、来週の全英女子オープン対策にはなったと思う。ちゃんとホールアウトできるか不安ですが、体調を整えて寒さ対策を万全にして頑張ります」と抱負を語ってコースを後にした。

関連リンク

2002年 ヴァーナルオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~