ニュース

国内女子リゾートトラストレディスの最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフを制した我妻こずえはツアー初優勝を飾った

国内女子ツアー「リゾートトラストレディス」は予想通りの大混戦で、最後の最後まで優勝の行方がわからない白熱した展開になった。4アンダー単独首位でスタートした久保樹乃を中心に、各選手が優勝争いから脱落しないようにスコアをまとめ勝負は最終18番ホールに持ち込まれた。

最終組の1つ前でラウンドした我妻こずえが、3アンダーで18番ホールに入り、ピン手前2メートルのバーディチャンスを迎えた。「グリップが緩んだ」と我妻が後悔したパットはカップをすり抜けてしまった。

そして最終組は、首位タイで迎えた久保がティショットを左に引っ掛け、斜面からの2打目はグリーンを捕らえることができなかった。3打目でピン手前1.5メートルに寄せたがパーパットが決まらず脱落してしまった。

代わってチャンスを得たのは大場美智恵だった。9番ホールでダブルボギーを叩き1アンダーまでスコアを落とした大場が、12番パー3でバーディを奪い、最後のチャンスで2打目をピン横1メートルにぴたりとつけた。このバーディパットをあっさり決め、我妻とのプレーオフに持ち込んだ。

決着はプレーオフ1ホール目だった。2オンに成功した大場はバーディパットをはずし、グリーン左サイドのカラーからパターを使用した我妻のボールがカップに吸い込まれたのだ。2年前に交通事故に遭い、見事な復活を果たした我妻にとって、プロ入り10年目のうれしい初優勝になった。

また、昨日史上最年少の予選通過を果たした12歳の金田久美子ちゃんは、序盤からボギーが先行し、5番からは3連続ボギー。この日はスコアを崩し通算11オーバーで競技を終えた。「こんな風の中であまりやったことがなかったので、いい勉強になりました」今シーズンはベルーナ、そしてマンシングウェア東海クラシックにも出場を予定している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 リゾートトラストレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。