ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

若い子には負けられない。ベテラン勢大活躍!

山梨県の富士桜カントリー倶楽部で開催されている、国内女子ツアー『FUJISANKEI LADIES CLASSIC』の最終日。2位に3打差をつけてのスタートとなったベテランの塩谷育代が独走態勢に入った。

2日間の勢いは止まらず、塩谷は1番で幸先の良いバーディ発進。各選手が苦しんでいる難しいグリーンの中、2番から8番までパーセーブ、9番でバーディと前半で2ストローク伸ばし、危なげのないゴルフを披露。

一方逆転優勝を狙うべく、果敢に攻めていきたい最終組の高又順木村敏美。高はスタートの1番から3番まで3連続ボギーとしていまい、出鼻をくじかれてしまった。また木村も、1番でバーディを奪うが、その後思うようにスコアが伸ばせずにいた。

後半も、塩谷の安定したゴルフが続き、通算11アンダー、2位に5打差をつけての圧勝。2002年『ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント』以来1年ぶり、そして通算20勝と記念すべき勝利を収めた。

なお単独2位に入ったのは、4アンダー4位タイでスタートした城戸富貴。この日4バーディ、2ボギーとし、通算6アンダー。今季最高位でのフィニッシュとなった。

注目のアマチュア宮里藍は、最終日3バーディを奪うが、16番パー3で痛恨の7。一気にスコアを4つ落としてしまい通算4オーバー、25位タイで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。