ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

上位は変わらず、塩谷が8アンダーで首位をキープ!

山梨県の富士桜カントリー倶楽部で開催されている、国内女子ツアー『FUJISANKEI LADIES CLASSIC』の2日目。5アンダーの単独首位からスタートした塩谷育代が、5バーディ、2ボギーで8アンダーまで伸ばし、単独首位をキープしている。

スタートの1番ホールでボギーを叩いた塩谷だが、慌てることは無かった。その後はパープレーを繰り返し、8番からは3連続バーディで後続を引き放しにかかる。後半2位に1打差まで迫られてしまったが、17、18番の上がり2ホールでバーディを奪い、最終日に繋がるフィニッシュを見せた。

<< 下に続く >>

塩谷を3打差で追うのは、木村敏美高又順の2人。初日2アンダー3位グループに7人が集団を形成していたが、その中から木村と高が抜け出している。2人とも4バーディ、1ボギーという内容だった。「イギリスに行ってスウィングが崩れた」高は全英女子オープンに出場し、本来のスウィングを失っていたと言う。それが今週になって戻ってきたため、明日は逆転優勝を狙っている。

先週の「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」では、最終日最終組3人の合計年齢が59歳だった。明日最終組の年齢を足すと114歳。比較しても仕様が無いことだが、約2倍の年齢差がある。明日の見どころは、やはりベテランとしてのゲームメイクと勝負どころでのショットやパットというところだ。

また、先週の試合でツアー初優勝を飾った古閑美保と、自己最高の2位に入った宮里藍は、1オーバーの18位タイに並んでいる。2週連続での優勝争いはできなかったが、ギャラリー数は最も多かった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!