ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

白戸が7アンダー単独首位!

国内女子ツアー第14戦「スタンレーレディスゴルフトーナメント」が静岡県裾野市にある東名カントリークラブで開幕。初日いきなり7バーディ、ノーボギーと会心のゴルフを見せた白戸由香が7アンダーで単独首位に立った。白戸はショット、パットとも好調で、5メートル以内のバーディパットをことごとく沈めた。

白戸由香
「結果に左右されず、ひとホールごとに気持ちを切り替えることができ出来た。パーオンを逃したホールでは『アニカ・ソレンスタムなら今のプレーのことはもう忘れてるよ』とキャディに声をかけられたり、落ち着いてプレーできたのが好結果につながった。今はゴルフに不安はないし、この気持ちを持続できれば優勝争いできるかもしれない」

今季序盤のカトキチクイーンズでは、最終日優勝争いに絡みながらも、後半崩れて3位タイフィニッシュという悔しい経験を積んだ。ステップアップツアーでは1勝しているが、レギュラーツアーでは未勝利。爆発力が週末まで続くか注目だ。

先週は最終日2位でスタートしながら、結局崩れ優勝を逃した村口史子が今週も4アンダー4位タイとまずまずのスタートを切った。「先週と同じミスは絶対にしない」と週末に向けて気合が入っている。

また全米女子オープン帰りの疲れから先週は不本意な成績に終わった不動裕理が2アンダー9位タイ発進。「パットは悪くなかったが芝芽が読みづらかった。上だけ突出して下は団子状態だから、気にせずマイペースでプレーする」という不動だが、クセを読んだ明日以降は伸ばしてくる可能性が高い。

その他では久しぶりのトーナメント参戦となる東尾理子がイーブンパー発進。2アンダーで迎えた18番ではダブルボギーを叩いてしまったが「やはり試合は楽しい。調子も悪くないのでトップ10を目指したい」と気にしていない様子。まずは結果にこだわるより、楽しみながら上位フィニッシュを目論んでいるようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!