ニュース

国内女子ニチレイカップワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

A.ソレンスタム2つ伸ばして8アンダー単独首位!

東京よみうりカントリークラブで開催されている、国内女子ツアー「ニチレイカップ」の2日目。初日6アンダー首位タイのアニカ・ソレンスタムが、スコアを2つ伸ばして単独首位に立った。

初日4連続バーディなど6ストローク伸ばしたソレンスタムだが、この日は3バーディ、1ボギーと静かなラウンドになった。初日の勢いに、どこまでスコアを伸ばすのか押しかけたギャラリーも楽しみにしていたが平凡なスコアだった。「今日のショットは満足できなかった」というソレンスタムは、ラウンド後練習場に向かった。

<< 下に続く >>

初日ソレンスタムと並び6アンダーをマークした安井純子は、3バーディ、2ボギーの通算7アンダー単独2位と粘りを見せている。さらに1打差の6アンダーには森口裕子がスコアを伸ばしてきた。今シーズン初めての4日間ラウンドのため、明日から決勝ラウンドに入る。最終組には、32歳のソレンスタムを相手に42歳の安井、47歳の森口という日本のベテランが立ち向かう。

5アンダー4位も肥後かおり服部道子という実力ある選手が並んでいる。そして、ソレンスタムと2日間ラウンドした不動裕理藤井かすみの2人は3アンダー7位で並んだ。この日の不動は、5バーディ、ノーボギーという安定したプレーぶりで、ソレンスタムを圧倒していた。一方藤井は、前半2つあるパー5でイーグルを奪うなど、派手なゴルフを見せたが、ボギーも7つ叩く出入りの激しいラウンドだった。

ベテランの活躍が目立つ今大会、アマチュアの宮里藍が実力を発揮している。2アンダー6位からスタートし、この日は1つしか伸ばせず7位に後退したがトップ10以内をキープ。決勝ラウンドでは、スコアを伸ばしそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ニチレイカップワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!