ニュース

国内女子樋口久子 森永製菓ウイダーレディスの最新ゴルフニュースをお届け

竹末裕美が賞金ランクトップの全美貞と並び初日首位タイ

◇国内女子◇樋口久子 森永製菓ウイダーレディス 初日◇森永高滝CC(千葉県)◇6652ヤード(パー72)

2003年シーズン以来のツアー通算2勝目を狙う竹末裕美が6バーディ、1ボギーの「67」をマーク。今季既に3勝を挙げて賞金ランクトップを走る全美貞(韓国)とともに、5アンダーの首位タイ発進を決めた。

1打差の3位タイに金ナリ(韓国)、藤本麻子森田理香子の3選手。前週の「マスターズGCレディース」でプレーオフ惜敗を喫した横峯さくらは、北田瑠衣野村敏京フォン・シャンシャン(中国)らと並んで首位から2打差の3アンダー6位タイにつけた。

大会ホステスプロの宮里美香は1アンダーの19位タイ、有村智恵木戸愛はイーブンパーの31位タイで2日目を迎える。

<シード権を争う竹末、ようやくのエンジン始動>
「ここ何試合かはショットが曲がっていない。パットも悪くなかったし、やっと噛み合って60台が出た感じ」。今季自己ベストの8位タイに入った一ヶ月前の「日本女子オープン」あたりからショットの調子は上向きを見せ、03年の「ヨネックスレディス」以来となる首位タイ発進を決めた。

先週の火曜日ぐらいから「寒くもなってきて、すごく腰が痛くなった」と状態は万全ではないながらも、「ショットは悪くないので不安も無く、省エネでやっています」と竹末。2週間前に30歳の誕生日を迎え、疲労の蓄積も年々増してきているという。その中で、「後半戦になってから良くなってくるのが、私の1年を通しての流れ。慣れてきた頃には試合が終わっちゃうんですけどね」と苦笑しながらも、自分のペースをようやく掴みつつあるようだ。

シーズン終盤に向けて、竹末には1つの目標がある。今年、四国から地元である福島県いわき市に開催地が移った3週間後の「大王製紙 エリエールレディス」だ。「地元では初めてなので、それに向けて良い状態にしていきたいとは思っていた。今のところは調整できていると思うし、1年の締めくくりで良いところを見せられれば」。

先週を終えた時点で賞金ランキングは54位。来季のシード権(永久シード保持者の不動裕理を除く上位50位)争いの渦中におり、1つでも順位を上げておきたい立場にいる。その中で迎えた久々の首位発進。「ここ2年で何回か優勝争いをしているけど、いつもすごく力が入って優勝できていない。意識はしちゃうと思うけど、“できたらいいや”くらいがちょうどいいのかな」。明日以降も無欲で臨む、残り2日間。シード権を確定させ、晴れやかな気持ちで地元での一戦を迎えるためにも、今週掴んだチャンスを逃しはしない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 樋口久子 森永製菓ウイダーレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。