ニュース

国内女子マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

不動と井芹が首位!横峯さくらが5位タイ

◇国内女子◇マスターズGCレディース 初日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫)◇6,458ヤード(パー72)◇晴れ◇ギャラリー数:4609人

総額1億2300万円、優勝賞金2214万円と高額賞金をかけた戦いは、初日から大混戦となっている。3アンダーをマークして首位となったのは不動裕理井芹美保子の2人。1打差の2アンダー3位タイには、現在賞金争いで首位を独走するアン・ソンジュ金ナリの2人が並んだ。

さらに1打差1アンダー5位グループには、横峯さくら古閑美保原江里菜若林舞衣子藤野オリエ吉田弓美子上原彩子の7人が続いている。賞金女王争いでアンを追いかける立場の横峯は、アンよりも上位に入りたいところ。2日目はさらなる上位に食い込めるか。

そして、今大会の招待選手、ポーラ・クリーマーは、2バーディ、2ボギーと静かなゴルフで12位タイ。馬場ゆかり北田瑠衣金田久美子など並んでいる。

<同組の古閑と横峯が5位タイ発進>
平日ながら4,609人のギャラリーが詰め掛けた初日。その中でも、古閑、横峯、アン・ソンジュの組にもっとも多くのギャラリーが集中し、決勝ラウンドさながらの熱気に包まれていた。その中で、古閑、横峯ともに3番でバーディ先行。古閑は8番でダブルボギーを叩くが、直後の9番から1m、10番で2m、11番で4mを沈めて3連続バーディ。横峯も最終18番で7mを沈める会心のバーディフィニッシュを決めるなど、取り囲むギャラリーを大いに盛り上げた。賞金ランキング2位で追う横峯、関西では今週が現役最後の試合となる古閑と、開幕前から話題を呼んでいた2人が、首位に2打差の5位タイと躍進。明日の2日目も同組で回ることになり、一層の注目を浴びることになりそうだ。

<不動「まずは優勝争いを」>
スタートホールの1番(パー5)で3mを沈めてバーディ発進とすると、6番のボギーを挟み、折り返し後の後半で3つのバーディを奪取。「まだ日本オープン最終日の悪いパットのイメージが残っていて、自信なく、こわごわ打っている」と振り返るものの、「後半はショットがだいぶ良くなってきたのでアンダーが出た」と、ショットの矯正を首位発進へと繋げた。今季はシーズン序盤で2勝を挙げたが、その後は未勝利とやや尻つぼみ。「最初だけだから寂しいという気もしますね。勝つのはやっぱり嬉しいことだし、残り試合で優勝できるように頑張っている。まずは優勝争いを最終日まで続けられるようにしたい」と、今季3勝目に意欲を燃やす。

<ポーラ、7年目の船出は12位タイ>
今年で今大会7年連続出場となるポーラ・クリーマーは、2バーディ、2ボギーのイーブンでホールアウト。上位が伸び悩んだこともあり、首位に3打差と上々の位置で初日を終えた。それでも「いいパーセーブもあったけど、チャンスを決め切れなかったのは残念」と、自身の中で伸び悩んだ感は否めない様子。「明日はフェアウェイに置いて、セカンドでグリーンを確実に捕らえたい」。今大会初出場となる05年以来のタイトルを目指し、ピンク・パンサーがさらなる上位をターゲットに見据える。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 マスターズGCレディース




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。