ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

唯一のアンダーパー!女王不動が単独首位

広島県にある広島カンツリー倶楽部八本松コースで開催されている、国内女子ツアー第23戦「日本女子オープンゴルフ選手権」の3日目。日本の最高峰を決めるに相応しく難しいコースコンディションの中、3日間を通してアンダーパーでラウンドしたのは、女王不動裕理だけだった。

前半2番から4番まで3連続バーディで飛び出した不動。しかし中盤は、ボギーが先行する苦しい展開となったが、終盤16番パー4、グリーンエッジからカップまで距離のない第3打目のアプローチをねじ込むと、続く17番でもバーディを奪い再びペースを取り戻す。最終ホールをパーで締めて通算3アンダー2位以下に4打差をつけて、「日本女子オープン」初制覇に王手をかけた。

<< 下に続く >>

そして、1オーバーの単独2位で追いかけるのは呂曉娟。この日3バーディ1ボギーの安定したゴルフでスコアを伸ばして7位からゴボウ抜き。春先に制した「カトキチクイーンズゴルフトーナメント」以来の優勝を目指す。

また、2オーバーの3位タイには1つスコアを伸ばした中野晶とルーキーの横峯さくら。不動と最終組の1つ前をラウンドした横峯は、序盤3、4番で連続バーディを奪うも、その後はボギーが続き前半をイーブンパーで折り返す。後半に入っても流れを呼び戻せなかった横峯は、この日スコアを2つ落としてしまった。

そのほかアマチュア対決では、諸見里しのぶが難コースの中、14番までで5つスコアを伸ばす猛チャージを見せた。だが、15、16番で連続ボギーをたたいてしまったが、この日スコア「69」をマークして、通算6オーバーの9位タイまで浮上した。決勝ラウンドに駒を進めている宮里美香有村智恵は通算15オーバーの52位タイどまり。諸見里がベストアマに大きく前進している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!