ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

古閑が猛チャージをかけ2位に浮上!馬場が首位をキープ

新潟県にあるヨネックスCCで行われている国内女子ツアー第18戦「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」の2日目。天気は快晴、絶好のゴルフ日和の中、白熱した戦いが繰り広げられている。

この日も安定したゴルフを見せてくれたのは、プロ2年目21歳の馬場ゆかり。首位スタートの馬場は前半で1つスコアを伸ばすと、後半15番、そして最終18番パー5できっちりバーディを奪い単独首位をキープ。通算8アンダーまで伸ばし、ツアー初優勝に王手をかけた。

<< 下に続く >>

首位の馬場を1打差で追うのは、この日スコア「66」をマークした古閑美保。前半は1つスコアを伸ばすだけの静かなスタートだったが、後半から猛チャージをかける。11番パー4でチップインイーグルを奪い勢いに乗ると、13、14、17番でバーディを奪い後半スコア「31」をマーク。2日目を終えて絶好の位置につけ、大会連覇を狙う。

また、通算5アンダーの3位タイには、藤井かすみ西塚美希世、大塚有理子の3人。藤井は出入りの激しいゴルフで、この日スコアを2つしか伸ばせなかったが、終盤17、18番で連続バーディを奪い最終日に繋がるプレーを見せてくれた。首位とは3打差の位置から逆転優勝なるか注目したい。

そして通算4アンダーの6位タイには、この日2つスコアを伸ばした女王不動裕理。通算1アンダーの18位タイには、宮里藍が控えている。最近2試合、最終日に好スコアをマークしているだけに目が離せない。

そのほかアマチュア対決は、若林舞衣子が最終18番でクリークにつかまるなど、この日スコアを2つ落としてしまい通算イーブンパーの25位タイ。7月に行われた「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」で3位タイに入り、一躍脚光を浴びた金田久美子は、この日イーブンパーで回り通算3オーバーの44位タイ。ぎりぎりで予選通過を果たした。なお、諸見里しのぶは通算4オーバーの58位タイと1打及ばず予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!