ニュース

国内女子ヴァーナルレディースの最新ゴルフニュースをお届け

宮里惜しくも3位!不動が逆転勝利で今季2勝目を飾る

福岡県の福岡センチュリーGCで開催されている、国内女子ツアー第5戦「ヴァーナルレディース」の最終日。大会2日目を終えて、2アンダーの首位に宮里藍米山みどり木村敏美藤井かすみの4人が並ぶ大混戦。この優勝争いに絡んできたのは、イーブンパーからスタートした女王不動裕理だった。

序盤から上位陣がスコアを崩す中、最終組の2組前からスタートした不動は、ジワリジワリと差を詰め通算2アンダーまで伸ばした。その後もパープレーで無難に回り後続を待った。

最終組をラウンドする木村も序盤こそつまずいたが、中盤に入ってから取り返し、2アンダーで首位に並ぶ。また宮里も14、16番でバーディを奪ってスタート時の2アンダーに戻し、木村、不動に並び首位へ返り咲く。

3人が並び大詰めを迎えた終盤17番パー3で大きく試合が動いた。宮里は痛恨のダブルボギー。また木村もボギーを叩いてしまい、2人とも首位から後退。残る最終18番で2人ともスコアを伸ばせず、不動の逆転勝利に終わった。国内女子ツアーにとって破格の優勝賞金3000万円を獲得。さらにこの優勝でキャリア通算27勝を達成し、永久シード獲得まであと3勝に迫った。

そのほか注目選手は、藤井かすみが10番を終えて3アンダーの単独首位に立っていたが、11番で痛恨のトリプルボギー。これで緊張の糸が切れたのか後半で大きくスコアを崩してしまい、通算5オーバーの13位で競技を終えた。一方、3オーバーの20位でスタートした福嶋晃子がボギーの叩かない安定したゴルフで、この日3つスコアを伸ばし、通算イーブンパーの宮里と並び3位に入っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ヴァーナルレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。