ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

アン・ソンジュが首位発進! 有村が1打差で追う

国内女子ツアー第28戦「富士通レディース」が10月15日(金)、千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブで開幕した。朝は雨がパラついていたが、時間の経過とともに回復。柔らかくて止まりやすいグリーンコンディションもあり、熾烈なバーディ合戦が演じられた。

その中で7アンダーの単独首位に立ったのは、9バーディ、2ボギーの「65」をマークしたアン・ソンジュ(韓国)。2週連続優勝がかかるアンは、好調なドライバーを武器に今週も好調をキープ。賞金ランクトップを独走するアン、その勢いはしばらく止まりそうもない。

6アンダーの2位タイには、共に6バーディ、ノーボギーで終えた有村智恵宋ボベ(韓国)。もっとも長かったパーパットは1メートル前後と、「ピンチはそれほどなかった」という有村は、最後まで安定したプレーを披露。「こういうゴルフを3日間続けたい」と、納得の表情を浮かべていた。

5アンダーの4位タイには、上原彩子北田瑠衣ヤング・キム(韓国)、山本薫里、アマチュアの野村敏京(韓国)。同じくアマの14歳、高橋恵も4アンダーの9位タイと上々の立ち上がり。横峯さくらは3アンダーの14位タイ、諸見里しのぶは2アンダーの21位タイで続いている。

関連リンク

2010年 富士通レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~