ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

服部真夕と宋ボベが熱いデッドヒート! 首位に並んで最終日へ

静岡県伊東市にある川奈ホテルゴルフコース富士コースで開催されている、国内女子ツアー第7戦「フジサンケイレディスクラシック」の2日目。時おり小雨がパラつくコンディションながら川奈特有の強風は吹かず、穏やかな天候の中で競技は進行した。

通算8アンダーで首位に並んだのは、「69」をマークした宋ボベ(韓国)と、「68」をマークした服部真夕。同組で回る2人は、序盤から熾烈なバーディ合戦を繰り広げた。1打差で追う服部は、スタートホールの1番で7メートル、2番で1.5メートルと連続バーディを奪い、早々と宋を捕らえる。その後は一進一退の攻防へ。ともに7アンダーで迎えた17番でも、宋が先に3メートルを沈めてバーディを奪えば、服部も2.2メートルのバーディパットを捻じ込み、互いに一歩も譲らぬままホールアウト。後続に3打差をつけ、最終日を迎える。

<< 下に続く >>

3位タイからスタートした有村智恵は、終盤で叩いた16番パー5のダブルボギーが響き、1ストローク落として通算2アンダー。諸見里しのぶ上原彩子らと並び8位タイに後退した。横峯さくらは5バーディ、5ボギーと出入りの激しい内容となり、通算1アンダーの14位タイとしている。

上位では、通算5アンダーの単独3位にオーストラリア出身のニッキー・キャンベル。通算4アンダーの4位タイに、三塚優子藤本麻子米山みどり茂木宏美の4人が続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!