ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

藍も雨には勝てず 今季最終戦・第1ラウンドは降雨サスペンデッド

国内女子ゴルフツアーの最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」が23日、宮崎県の宮崎カントリークラブで開幕した。

この日は朝から雨が降り続くあいにくの天気。第1組はスケジュール通りの9:30にティオフしたが、その組が6番ホールに差し掛かったところで、激しくなった雨のため、一旦競技は中断される。天候の回復を待ち、14:40に競技再開。しかし、数ホール経過したところで、再び強く降り出した雨と迫る日没のため、15:50、この日のサスペンデッドが決定された。

<< 下に続く >>

競技中断時点で、第1組を含む5名が9番ホールまでを終了。第7組の宮里藍は、6番ホールまでを消化、最終組の大山志保は、3ホールを消化するのがやっとだった。

明日は、8:20から第1ラウンドの残りと、20分のインターバルをはさんで第2ラウンドが行われる予定。現時点では1アンダーで諸見里しのぶと李ジョンウンが、ともに8番ホールまで終えて、首位に立っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!