ニュース

国内男子Hitachi 3Tours Championship 2008の最新ゴルフニュースをお届け

JGTOが大会連覇! ウィニングパット沈めた石川遼がMVPに!

PGA(日本プロゴルフ協会)、JGTO(日本ゴルフツアー機構)、LPGA(日本女子プロゴルフ協会)の国内3大ツアーによる対抗戦「Hitachi 3Tours Championship 2008」の最終日。初日を終え、首位のLPGAがJGTOに0.5ポイント、PGAに2.5ポイント差。白熱した展開も手伝い、会場には5,418人のギャラリーが詰め掛けた。

午前はダブルス戦で行われ、1個のボールを交互に打つオルタネート方式。1組目では、福嶋晃子李知姫が組むLPGAがトップでホールアウトし、3ポイントを獲得。2組目でも古閑美保横峯さくらのペアが3バーディ、ノーボギーと引き続き抜群のチームワークを見せ、PGAと並んでトップタイで上がりリードを広げる。対して石川遼谷原秀人が組むJGTOは、1組目に続き最下位に終わる結果に。午後に行われるストローク戦を残し、LPGAがPGAに3.5ポイント、JGTOに4ポイントと差を広げた。

ラストゲームとなるシングルス戦に入ると、LPGAが失速。対してJGTOとPGAが猛烈な追い上げを見せる。JGTOは谷原がトップタイ、片山晋呉はトップで終えポイントを加算。PGAも室田淳がトップ、飯合肇がトップタイ。4組中3組目までを終え、首位のLPGAとの差はJGTOが1ポイント、PGAが0.5ポイントにまで肉薄。優勝の行方は、石川、中嶋常幸、古閑の最終組の結果に委ねられた。

最終18番パー4を残し、石川と中嶋が3アンダー、古閑が1アンダー。ここで石川が残り109ヤードの2打目をピン奥3メートルにつける。先に中嶋がウィニングパットを外し、迎えた石川のバーディパット。片山、矢野、谷原、キャディを含め5人でラインを読み、導き出した答えは「カップ真ん中より1、2センチ左」。入れれば勝利、外せば敗北という重圧のかかる場面で、「そこに構えて打ち出すだけだった」と、このウィニングパットを冷静に沈めた。連日の活躍により、石川はMVPも受賞。最終的にJGTOが24.5ポイントで大会2連覇を達成。2位には4連連続でPGA、LPGAは2大会連続で3位に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 Hitachi 3Tours Championship 2008




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。