ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は伸び悩み、5位タイで終える!優勝はJ.Mシン

東京都にある東京よみうりカントリークラブで開催されている、国内男子ツアーの最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の最終日。1日を通して雲ひとつない快晴に恵まれ、詰め掛けた14,051人ものギャラリーが熱戦を見守った。

首位に1打差の3位タイからスタートしたジーブ・ミルカ・シン(インド)が前半から好調なプレーを見せる。2番、6番、7番と3バーディを奪い後半へ折り返すと、12番、14番でもバーディを奪取。ボギーは13番の1つに抑え、通算12アンダーでフィニッシュ。鮮やかな逆転優勝を果たし、今大会2度目の栄冠を勝ち取った。

今季7月の「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」で優勝を果たしたジーブは、11月には「シンガポール・オープン」に出場し、アーニー・エルスパドレイグ・ハリントンといったメジャーチャンピオンたちに競り勝ち、その名前を世界のゴルフファンに轟かせたばかり。ジーブはこの優勝で日本ツアー3年間の複数年シードも獲得した。

通算10アンダー2位タイには、この日のベストスコア「64」をマークしたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、デビッド・スメイル(ニュージーランド)、手嶋多一の3人。ブレンダンは大会連覇を狙い、最終日にチャージをかけたがジーブを捕らえることは出来なかった。

さらに2打差の通算8アンダー5位タイには、石川遼武藤俊憲。石川は前半に1ストローク落としたが、後半2バーディ、1ボギーで8アンダーのままホールアウトした。また、今季の賞金王を確定させた片山晋呉は、通算4アンダーの10位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。