ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、ツアーでは自身初となる単独首位発進! 片山、今野が追う

国内男子ツアーの第22戦「三井住友VISA太平洋マスターズ」が11月13日(木)、静岡県にある太平洋クラブ御殿場コースで開幕した。雲ひとつない快晴に恵まれた初日、雪化粧した富士山が青空に良く映え、爽やかな空気に包まれる中でプレーが行われた。

単独首位に立ったのは、1イーグル、6バーディ、2ボギーの「66」をマークした石川遼。10番からスタートした石川は、11番パー5で2打目をグリーン奥のカラーへ運ぶと、約7メートルをパターで沈めてイーグルを奪う。「何ヶ月ぶりに爆発したゴルフができたし、今日は落とし穴に捕まらなかった」と、その後もバーディを量産。最終的に6アンダーでホールアウトし、ツアーでは自身初となる単独首位発進とした。

通算5アンダーの2位タイには、後半に1イーグル、3バーディと5ストローク伸ばして急浮上した片山晋呉と、ノーボギーでラウンドした今野康晴。片山は「この大会では勝ったことがないので、ぜひ獲りにいきたいですね」と意気込んでいた。

4アンダーの4位タイに、横田真一小田孔明星野英正加瀬秀樹松村道央、2週連続勝利を狙うS.K.ホ(韓国)の6人が続いている。海外招待選手のトレバー・イメルマン(南アフリカ)は、3アンダーの10位タイと好発進。また、米ツアーで初勝利を挙げて以降、日本ツアー初参戦となった今田竜二は、前半こそ伸び悩んだものの後半に3連続バーディなどで巻き返し、1アンダーの26位タイとまずまずの滑り出しを見せている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。