ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

国内メジャー3冠かかる堀川未来夢、アマチュア岡田晃平が首位発進/日本オープン

◇国内メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 初日(12日)◇茨木カンツリー倶楽部 西コース(大阪)◇7315yd(パー70)◇晴れれ(観衆4197人)

「日本プロ」「日本ツアー選手権」に続く国内メジャータイトルに挑む堀川未来夢と、昨年の蝉川泰果に続くアマチュア優勝を狙う岡田晃平(東北福祉大)が4アンダーで首位スタートを切った。堀川、岡田は同組でプレーし、ともに6バーディ、2ボギーの「66」をマークした。

<< 下に続く >>

上がり3連続バーディの堀川は「日本オープンはラフが長いのでフェアウェイキープ重視で回りました」とパー3を除く14ホール中11ホールでFWキープできたことに満足そう。首の不調の慢性化に伴う練習不足を嘆きつつ、ツアー5勝目に3つ目の国内メジャータイトルがかかる状況を「たまたまです。ただ、伸ばし合いより耐える展開の方が好きなので」。タフなコースセッティングに挑むトーナメントに意欲的だ。

賞金ランク2位の中島啓太、プロ3年目の金子駆大、44歳でツアー未勝利の貞方章男が3アンダー「67」で回り、1打差3位。

9月「カズーオープン de フランス」で欧州ツアー優勝を飾った久常涼、今季未勝利の石川遼、前週「ACNチャンピオンシップ」優勝の稲森佑貴らが2アンダー、2打差6位につけた。

昨年大会でアマチュア優勝を飾った蝉川泰果は「71」で回り、1オーバー31位、賞金ランク1位の金谷拓実は2ダブルボギーをたたくなど5オーバー「75」と乱れ、5オーバー81位と出遅れた。

<上位成績>

1T/-4/堀川未来夢岡田晃平(アマ)
3T/-3/中島啓太金子駆大貞方章男
6T/-2/石川遼久常涼稲森佑貴嘉数光倫黒木紀至岩崎亜久竜ブラッド・ケネディ植竹勇太

関連リンク

2023年 日本オープンゴルフ選手権競技



あなたにおすすめ


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!