ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

藤田寛之らのシード争いは最終戦 アジアアマV中島啓太が凱旋出場

◇国内男子◇カシオワールドオープン 事前情報◇Kochi黒潮CC(高知)◇7335yd(パー72)

2020-21年シーズンのフルフィールドの最終戦が25日(木)に開幕する。次週の「日本シリーズJTカップ」(東京よみうりCC)は上位選手30人が出場のため、シードを争う選手たちにとっては実質的にラストゲーム。新型コロナ禍で中止となった前年を経て、開催される40回目の記念大会も独特の緊張感に包まれる。

<< 下に続く >>

賞金シード獲得のボーダーラインはランキング65位。ツアー優勝経験のある小鯛竜也(65位)をはじめ、初シードがかかる池上憲士郎(64位)、亀代順哉(69位)は勝負どころになった。また、ベテランの藤田寛之(70位)、手嶋多一(76位)らの動向も注目される。

一方の賞金王争いも最終コーナーの直線に入った。ランクトップのチャン・キムが前週「ダンロップフェニックス」に続く2連勝となれば、最終戦を残して初戴冠が決まる可能性がある。2位の木下稜介は約1183万円、3位の金谷拓実は約2209万円、4位の星野陸也は約2420万円の差を追う。優勝賞金3000万円の行方から目が離せない。

主催者推薦で中島啓太(日体大3年)が出場。世界アマチュアランキング1位の21歳は、11月「アジアパシフィックアマチュア選手権」を制し、2022年は「マスターズ」をはじめメジャー3大会の舞台を踏む。9月の「パナソニックオープン」で史上5人目のアマチュア優勝を達成しており、2勝目となれば初の事例になる。

直近3大会は外国勢が優勝した。2017年にスンス・ハン、18年にチェ・ホソン(韓国)が、日本で行われた試合での初勝利を手にした。前回19年大会はキム・キョンテ(韓国)が3年ぶりとなった通算14勝目に涙した。コースと太平洋とを行き来する風が戦況を左右するが、タイトル奪取へはロースコアが欠かせない。

<主な出場予定選手>
浅地洋佑池田勇太池村寛世稲森佑貴今平周吾岩田寛片山晋呉金谷拓実木下稜介チャン・キム小平智杉山知靖谷原秀人時松隆光比嘉一貴スコット・ビンセント藤田寛之星野陸也久常涼片岡大育中島啓太(アマ)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!