ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

高山忠洋と幡地隆寛らが首位発進 1打差に金谷、片山ら

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 初日(11日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

42歳の高山忠洋と28歳の幡地隆寛ディラン・ペリー(オーストラリア)がいずれも「67」でプレーし、3アンダーの首位に並んで発進をした。高山は5バーディ、2ボギー、幡地は1イーグル4バーディ、3ボギーで回った。

<< 下に続く >>

高山は2018年の夏に中心性漿液(しょうえき)性脈絡網膜症という目の網膜剥離でツアーを離脱。同年冬に手術を受け、昨年9月に特別保障制度(公傷)を利用してカムバックを果たした。与えられた9試合のチャンスでは57万910円足りずに保持していたシードこそ喪失したが、シーズンの賞金ランキングは29位とシード復帰を確実にしている。

公傷をクリアできなかった直後の時期には2002年以来19年ぶりとなる下部ツアーにも出場して試合勘を維持してきた。「この試合もそうですが、(下部)AbemaTVツアーも推薦をいただいて出ることができた。感謝しかない。感謝の気持ちを込めて、1打1打プレーしたい」と決意をにじませた。

2アンダー4位に片山晋呉金谷拓実比嘉一貴稲森佑貴片岡尚之、、木下裕太。1アンダー10位に久常涼深堀圭一郎時松隆光ら6人が続いた。

賞金ランキング2位のチャン・キムと3位の星野陸也がともにイーブンパーの16位。ランク1位の木下稜介は2オーバー31位とした。

ディフェンディングチャンピオンの香妻陣一朗は3オーバー38位。3季連続賞金王を狙う今平周吾は「75」で5オーバー60位と出遅れた。

<主な上位成績>
1T/-3/幡地隆寛高山忠洋ディラン・ペリー
4T/-2/片山晋呉金谷拓実比嘉一貴稲森佑貴片岡尚之木下裕太
10T/-1/深堀圭一郎塚田陽亮竹谷佳孝久常涼堀川未来夢時松隆光

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!