ニュース

国内男子ゴルフパートナー PRO-AMトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ノリスがPO制し5勝目 キム・ソンヒョンがツアー最少タイ「58」

◇国内男子◇ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント 最終日(23日)◇取手国際GC(茨城県)◇6804yd(パー70)

スコット・ビンセント(ジンバブエ)とショーン・ノリス(南アフリカ)が初日から首位を守ってきた大槻智春を通算21アンダーでとらえ、三つどもえのプレーオフに突入。39歳のノリスが2人を振り切り、2019年10月「トップ杯東海クラシック」以来のツアー5勝目を挙げた。

<< 下に続く >>

3打差の首位でスタートした大槻は正規の最終18番でボギーを喫し、追いつかれた。18番で繰り返されたプレーオフ1ホール目でダブルボギーをたたいて脱落し、ツアー2勝目を逃した。

2ホール目でパーとしたノリスが、ボギーとしたビンセントに競り勝ち、国内ツアー初のプロとアマチュアが同組で回るプロアマ形式の大会で初代王者に輝いた。

7打差14位スタートの石川遼は7バーディ、1ボギーの「64」でトータル19アンダー。比嘉一貴和田章太郎らとともに計7人が並ぶ4位で終えた。

通算17アンダーで11位に入った22歳のキム・ソンヒョン(韓国)がボギーなしの2イーグル8バーディ「58」。石川が2010年「中日クラウンズ」最終日に出したツアー最少ストロークに並ぶ歴史的スコアをマークした。

<上位の最終成績>
優勝/-21/ショーン・ノリス
2T/-21/スコット・ビンセント大槻智春
4T/-19/石川遼比嘉一貴杉本エリック内藤寛太郎和田章太郎ソン・ヨンハンアンジェロ・キュー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!