ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

47歳の宮本勝昌が単独首位 石川遼14位 今平周吾は出遅れ

◇国内男子◇カシオワールドオープン 初日(28日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7335yd(パー72)

47歳の宮本勝昌が7バーディ、1ボギーの「66」でプレー。5月「中日クラウンズ」に続く今季2勝目へ6アンダーで単独首位発進を決めた。

「のどが痛い」とマスク姿でプレーした宮本は1つスコアを伸ばして迎えた後半アウトで5バーディを奪った。第2打をピンそば1.5mにつけた3番から3連続。「ミドルパットが良く入った。ここは短い距離でも芝目と傾斜の絡みで非常に読みにくい」というグリーンを、今週初めてコンビを組んだ男性ハウスキャディと攻略した。

過去3勝の次週「日本シリーズJTカップ」の出場権をすでに持ち、「僕はもうシニアに向けてのカウントダウン」と笑う。一方では優勝で得た来季からの2年シードで「50歳になる年もレギュラーツアーに出られる」。老け込む様子はなく「谷口徹さん、手嶋多一さん、藤田寛之さんみたいに50歳を超えてもレギュラーで戦っていられるような選手でいたい」と、さらなる飛躍を狙っている。

今季は欧州ツアーを主戦場としてきた川村昌弘が6バーディ、1ボギーの「67」で回り、香妻陣一朗堀川未来夢小林伸太郎と並んで5アンダー2位とした。

4アンダー6位に片山晋呉武藤俊憲キム・ヒョンソン(韓国)、アマチュアの杉原大河(東北福祉大)、藤田寛之ら8人が並んだ。

賞金ランキング5位でホストプロの石川遼は3バーディ、ノーボギーの「69」でプレー。同ランキング2位のショーン・ノリス(南アフリカ)、塩見好輝浅地洋佑らと並んで3アンダー14位とした。

前年覇者のチェ・ホソン(韓国)が1オーバー72位。2年連続の賞金王を目指す賞金ランキング1位の今平周吾は2オーバー84位と出遅れた。

<上位成績>
1/-6/宮本勝昌
2T/-5/小林伸太郎堀川未来夢川村昌弘香妻陣一朗
6T/-4/片山晋呉武藤俊憲杉原大河藤田寛之中西直人 ほか
14T/-3/石川遼浅地洋佑ショーン・ノリス正岡竜二塚田陽亮 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。