ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子が3打差3位発進 鈴木愛10位 申ジエは出遅れ

◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 初日(28日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6535yd(パー72)

今季優勝者ら32人によるシーズン最終戦が開幕。大会2勝のテレサ・ルー(台湾)が5バーディ、ボギーなしの「67」でプレーし、5アンダーとして首位で発進した。古江彩佳が3アンダーの2位で追う。

ルーは「すべてが良かったですね。少しのミスはあったけど、大きなミスがなかった」と笑顔で好プレーを振り返った。特に「アプローチ、パターに助けてもらいました」とショートゲームが冴え、6番で5m、8番(パー3)で6mを沈めるなど高麗グリーンを攻略した。今季未勝利だが「(ここで)勝ったらかっこいいなー!でも、賞金女王と関係のない人が勝ってもいいの?(笑)」とおどけた。

プロになり4戦目となる古江は「緊張感は若干ありましたけど、楽しくできました」と大会初出場も貫禄たっぷりに語った。1番で10mを沈め波に乗ると、その後も4ホールのパー5のうち、3ホールでバーディを奪うなど、落ち着いたプレーでスコアをつくった。10月「富士通レディース」に続く今季2勝目に向け、「1日1日何が起こるか分からないので、集中してプレーしたい」と意気込んだ。

賞金女王の可能性が残るのはランキング1位の鈴木愛、2位の申ジエ(韓国)、3位の渋野日向子の3人。渋野は1イーグル1バーディ、1ボギーの「70」とし、2アンダー3位タイで、単独2位以上が最低条件となる逆転女王に向けて好スタートを切った。

鈴木は上がり4ホールで3ボギーを喫して「72」とし、イーブンパーの10位。申は「75」をたたき、3オーバーの26位と大きく出遅れた。

<初日の上位成績>
1/―5/テレサ・ルー
2/-3/古江彩佳
3T/-2/渋野日向子柏原明日架
5T/-1/ペ・ソンウイ・ミニョンイ・ボミ比嘉真美子岡山絵里

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!