ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が2年ぶり参戦 自身が初監修し全面改修された御殿場へ

2018/11/06 17:27

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報(6日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7,262 yd(パー70)

1973年の第1回大会から始まり、今年で第46回を迎える歴史あるトーナメントが8日(木)に開幕する。コースは17年ぶりの全面改修を経て、総距離が16yd伸長され、パーは「72」から「70」に設定された。すべてのバンカーに手が加えられ、戦略性の高まった舞台に84人の精鋭たちが結集した。

米ツアーを主戦場とする松山英樹が約1年ぶりの日本ツアーに参戦する。11年大会ではアマチュアとして史上3人目のツアー制覇を果たし、16年は後続に圧倒的な7打差をつけて、国内と米国含め通算10勝目を挙げた思い出深い大会だ。

予選ラウンドでは、昨年賞金王の宮里優作と大学の後輩でアマチュアの金谷拓実(東北福祉大2年)が松山と同組となった。今大会2勝を誇る石川遼は、賞金ランクトップの今平周吾と今季初優勝を飾った出水田大二郎とプレーする。

米ツアーに主戦場を移した前年覇者の小平智は欠場するが、前週大会「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」で1打差の2位で終えた片岡大育や、賞金ランキング3位の稲森佑貴、同4位の池田勇太らが、富士の麓で虎視眈々と栄冠を目指す。

【主な出場予定選手】
松山英樹池田勇太石川遼出水田大二郎片岡大育木下裕太市原弘大稲森佑貴星野陸也谷口徹永野竜太郎崔虎星浅地洋佑宮里優作藤田寛之金亨成プラヤド・マークセン金谷拓実室田淳

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。