ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

尾崎ブラザーズ届かず、優勝はスタンコウスキー

1996/11/24 18:00

もしやと思わせたジャンボ尾崎の2週連勝はやはりならなかった。悪いゴルフではなかったのだが、スタンコウスキーやデビット・イシイのゴルフが一枚上だったということだろう。
P.スタンコウスキーはプロになってからは初来日。学生時代に日米対抗(当時テキサス大学)で来たことがあるという。米ツアーでもまったく無名というわけではなく、今季ベルサウスで初勝利をあげている選手。

「プレーオフ、デビットが18番でパットを外すとは思わなかった。信じられなかった」とスタンコウスキー。「日本の試合に出たいと思っていた。米国で勝ったときが23万4000ドル、それより賞金が高い。24万5000ドルですから。予定? 妻にも会いたいし、感謝祭もあるのですぐ米国に帰ります。来年は3試合くらい出場したい。もちろんこの大会も出場したいですね」
テラベイネンもそうだったけど、ひょいっと出てきてあっさり優勝。日本のツアーって魅力的に見えるんだろうな。

関連リンク

1996年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~