ニュース

国内男子久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

手嶋が猛烈な追い上げ。しかしプレーオフはジャンボが制覇。

1996/08/25 18:00


「そんなに調子がいいとは思わない。ショットもいつものように決まっていなかった」(加瀬談)はずのジャンボだが、17番、グリーン奥からのチップインで生き返り、続く18番もバーディとして15アンダーに。「最近4週連続の予選落ち」で「プロ入りしてからジャンポさんとプレーしたことはない」手嶋多一がこの日8アンダーと素晴らしいラウンドして、プレーオフにもちこんだ。

しかし「プレー中は一度も勝てるとは思わなかった」手嶋は、プレーオフの17番ホール、グリーンをオーバーしたジャンボのトラブルにつけいることができず、結局はベテランに好機をさらわれた形となった。ジャンボ自身も「今回の優勝はいばれる内容ではなかった」と語っているが、いばれる内容でなくても勝ってしまうのが現在のジャンボ尾崎の強さということか。

関連リンク

1996年 久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~