ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ワトソン首位キープ、パリーが並走

気温も上がりようやく薄日も見えてきたフェニックスCC。この試合は雨じゃ雰囲気が出ません。前日首位に立ったトム・ワトソンが依然としてトップを堅持しています。
ワトソンは出だしをバーディと幸先よくスタートしたものの6番ショートでボギー。以後これもショートホールの17番までバーディなし。 「昨日ほどパットが入らなかった。4ホールで短いパットを外してしまった。昨日の好調(26パット)と今日の不調(32パット)をならすと平均的なパットになってしまったね。これから練習グリーンでフィーリングを取り戻しに行くよ」とワトソン。
優勝スコアは11アンダーから12アンダーと読んだ。「このコースで風がなければ、もっと伸ばしてくる選手もいるかもしれない」

日本オープンチャンピオンのクレイグ・パリーはボギーとバーディが交互にくる忙しいラウンド。しかし15番16番の連続バーディが効いて2アンダーにまとめた。 「長い1日だった。ゴルフの調子は悪いのにスコアはいい。ドライバーがどこに行くかわからないので不安だ」
この日、9ホールで1パット。すべてはパットのおかげだという。優勝スコアは12アンダーくらいと予想した。

このパリー、実は32フィートという大型ボートのオーナー。いわゆるエンジン付きのヨットのようなものなんでしょうね。日本オープンの賞金を獲得する前に奥さんが買ってしまったのだとか。 「プレーしていないときは、これに乗っていると思っていいよ。この前はシドニー湾で65時間、航海したんだ」
あんまり顔に似合わないような気もしますが、優雅です。

オラサバルが猛烈に追い上げてきました。日本勢では唯一本命ジャンボがなんとか69として追い込み態勢に移っていますが、トップとの差は3。首位が崩れてくればチャンスあり?

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!