ニュース

国内男子Philip Morris Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

奥田ら3人が首位。ジャンボは1アンダー発進!

風の強い初日だった。スコアは伸び悩み、3アンダーでホールアウトした溝口英二、手島多一、奥田靖己がまず首位グループ。例によってワッツとかフランコとか手ごわい連中がすぐ下に控えているし、御大・ジャンボもまずは1アンダーとゆったり発進。これから一荒れも、二荒れもありそうな様子だ。

溝口英二は6番以外ボギーなし。4バーディ。 「この風の中で慎重にプレーしたのが良かった」という。無理をせずバーディがとれればラッキーと考えてプレーした。

<< 下に続く >>

手島多一も1ボギー、4バーディ。 「風が13番ホールあたりから吹き出した。前半のプレーに影響がなかったのが良かった」と手島。前半に3バーディを放りこんだ。 「この試合は賞金が多いから、少しでも上位にくいこみたいですね。頑張ります」

奥田靖己は5バーディ、2ボギー。日本オープンから使用ボールをバラタに戻した。 「ショットの飛距離は落ちるが、パターにはいい」と言う。数字で考えないゴルフ、見た目の感覚を大事にするゴルフスタイルを取り戻そうと努力しているのだとか。

ジャンボ尾崎は35-36の1アンダー。「風とグリーンの固さ。タフなコンディションだった。例年より固いグリーンのためにバーディチャンスを何度か逃してしまった」
なかなかリラックスできないので、今夜は温泉に入って作戦を練り直すのだという。なんといっても、もう50歳、疲れもたまる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 Philip Morris Championship




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!