ニュース

国内男子ゴルフダイジェストトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ジョーブ、鈴木を下して2週連続の優勝!

激しい展開だった。前日首位の鈴木亨は3番ロングでイーグル。「ヨッシャ!」と気分を良くしたがすぐ4番でボギー。6番ショートでまたバーディを取って前半33。しかしインに入ってからは12番でまたボギー。15番16番とバーディ連取したものの17番でまたボギー。乗りかけてはストップのかかる展開で結局69。

「体が重かった。米山先輩が1番2番とバーディスタートだったんでちょっといやな雰囲気になりかけた。でも勝負は18ホールだと考え直して頑張った」と鈴木。
「17番のボギーが結果的には致命傷。12メートルくらいあるんで、早いとは思ったけど打ちすぎてしまった・・」 これが3パット。
そしてプレーオフ。「ジョーブがいちばんイヤだ」と思っていたら、そのジョーブが相手。これでプレーオフ3連敗なんだそうだ。「次はきっといいですよ」

先週の東海クラシックで優勝し自信をもっているB.ジョーブはインに入ってから猛烈に追い込んだ。ボギーなしで13番14番15番と3連続バーディ。そして難しい最終18番でもバーディとして、ついに17アンダー。鈴木をとらえた。
「先週もプレーオフ。今週もプレーオフでの勝利で、嬉しいが疲れた」とジョーブ。「なんだかわからないうち優勝してしまって、実感がわかないよ」

13番でバーディパットを入れたとき、スコアボードを見た。トップは17アンダー。もし昨日のように63のゴルフができれば勝てる、と思ったという。その予感の通りの3連続バーディ。「プレーオフも、18番がパー5だったから、先週の場合より自信があった。追う立場だったのが良かったのかな。思いがけない勝利だ」
これでまた1800万円。先週の賞金は結婚式の費用に当てるといっていたが、今回はハネムーンかな。なんでもカリブ海へ行ったんだそうだ。

桑原克典も一時は首位に並んだ。しかし短い難所の17番パー4で痛いボギー。原田三夫も32-34とスパートをかけたが及ばなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 ゴルフダイジェストトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。