ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

タイガー・ウッズ、初見参!

ついにというか、やっとというか、タイガー・ウッズの真剣ショットが見られた。前回の来日はなんといってもエキジビションだったため、あれがタイガーの真価と言えるかとどうか・・。

さて初日を走ったのはタイガーと一緒の組をプレーした尾崎直道。6バーディ、1ボギー。「いい雰囲気だったよ。日本のギャラリーの中でタイガーと初めて回れたのはラッキーだった」
これがもし米国のギャラリーの中なら、今日のスコアは出なかっただろうと言う。今回は日本という地の利があった。しかしタイガーマニア(ファン)の熱狂的な反応を考えると、米国で一緒にプレーするのはごめん被りたいということらしい。
「一瞬だけど、ああいうタイプのゴルファーになりたいと思った」ともいう。自分は静かにプレーするタイプだけに、感情をもろに出してラウンドするタイガーがふとうらやましくもなる。

「みんながタイガーに注目していたんで、かえって冷静にプレーできた」と田中秀道。タイガーの使用番手は見ないようにして、尾崎直道の番手だけ気にしてプレーする作戦が成功した。「タイガー・ウッズだから、というんじゃなく、年下のプレーヤーと思うように努めたんだ。ひるんだら負けだから。雰囲気に飲まれなかったのがよかったと思う」

「ジョーのプレーはグレート! タナカも良いショットをしていた。2人ともよくパットを入れていたな。ボクはできなかったけど」とタイガー。「最初のうちはパットが強すぎたし、後半はショートしてしまった。明日は中間をとって、ちょうどいいパットができるかな」
「こんなパットでも3アンダーだからね。明日はもっといいスコアが出ると思うよ」と付け加えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1998年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。