ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

代わってワッツが首位浮上。深堀、渡辺が追う!

入り変わりが激しい。昨日の首位 B.ジョーブは74として後退し、意気込んでいた鈴木亨も沈んだ。好位置につけていたB.ワッツがチャンスをつかんでグイッと首位。深堀、渡辺司も着実に浮上してきた。

ワッツは5バーディ、1ボギー。「調子が良かった。今週いちばんのゴルフができた。でも渡辺サンやジョーブがスコアを伸ばす可能性もあるしね、4日目終わってトップで終わればいいね」
ワッツが心がけるのは(1)集中、(2)低い球筋、(3)ガマン の3つだそうだ。

深堀は出だしがボギーだった。しかし「2番で難しいアプローチだったのをパーセーブできたのが大きかった」という。3番4番を連続バーディ。集中したプレーを続け、最終18番もバーディとして、気分よく最終日にのぞむ。
「今年の目標は日本シリーズに出場し、そこで勝つこと。実りの秋にはまだ早いけど、でもこれまでの蓄積がそろそろ出てきてもいいころかな」
「今季勝てない丸山(茂樹)もボクが勝てば刺激になるはず」と言う。かなり手応えを感じている様子だ。

渡辺司も70をマークした。「外国勢がこんなに勝ってるんだから、週替わりのように顔を出す日本人同士、一致団結して頑張らなくちゃ、と深堀と話した」のだそうだ。「ワールドカップも予選敗退。でもゴルフの日本ツアーでは是が非でも負けたくない。スコアボードに日本人の名前が乗ってなくちゃ、つまらないでしょ」 かくして急遽「日本人同盟?」が誕生した。
せっかくゴール前まで詰めたのだから「最後でお茶目なショットはしないようにしたいね」と笑った。昨夜はすっかりサッカーを見ていたらしい。

深堀の刺激を受けた(?)丸山茂樹はあいにくの77。ミスしてから頭の中が「真っ白」になってしまって、何も考えないでプレーしてしまったのだそうだ。

中島常幸はボギーなしの6バーディ、66をマークした。換えたクラブが手に馴染むようになってきたのだという。「まだ詳しくは言えないが、スチールシャフトに換えたのはいわば若返り作戦。明日はカマスよ」は明るく宣言した。

関連リンク

1998年 ~全英への道~ミズノオープン




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~