ニュース

国内男子NST新潟オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

伊沢利光、文句無しの完全V2

ここ2週間の伊沢利光は本当に強い。4日間、同じ組に入った選手たちを「自分が下手に感じてしまう」と腐らせながら堂々と4日間をトップで突っ走る完全優勝。2週連続ツアー優勝を飾った。

風はあったものの34度の猛暑。優勝争いには絡めなかったが夏男・細川和彦が猛烈な追い上げを見せた。ルーキー小林正則も崩れることなく3位タイ。健闘だ。白浜育男も復活の兆しがホンモノになりつつある。また1週間前にチャレンジ競技優勝の中村龍明も好調を持続しての8位タイ。これも健闘。

「まだ2週連続にピンと来ていないけど、ほんとうに疲れた。この暑さにはほんとうに参った」と伊沢利光。「2位との差があったんで気にはならなかった。最終ホールで5打くらい離していると、ほんとうに気が楽です」
ツアー通算4勝のうち2勝をわずか2週間で成就してしまった。「4勝のうち3勝が師匠(ジャンボ)のいないトーナメントなんで、次はぜひ師匠のいる試合で優勝したいですね」
先週宣言した「年間目標2勝!」は予想外に早く達成してしまったので、次は「取りあえず3勝目」を狙うことにしたそうだ。

「また、また2位だった・・・」は細川和彦のセリフだ。「やっぱり8月だった。8月しかダメなのかな・・・。でもこの成績(2位)が出て満足してます。このあと3週間、試合がないのが辛い。早く試合したいです」

最終日を5バーディ、2ボギーの69とした小林正則は「勉強になりました。自信にもなりました。一緒に回った白浜さんや久保谷さんのプレーの組み立て方、アプローチ、勉強になりました。これからの試合に生かせればと思います」
実はこの小林、ドライビングディスタンス1位にもなってしまった。294.13ヤード。しっかり賞金30万円も獲得した。小林にとってはいい試合となった。

関連リンク

1999年 NST新潟オープンゴルフ選手権




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~