ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

東 首位をキープ。佐藤信人が追い込んで1差に

東聡がトーナメントリーダーの座を死守している。ボギー先行のいやな雰囲気だったが踏みとどまっての3バーディ、3ボギー。明日に一応は王手をかける形となった。佐藤信人も伸び悩んだが終盤で貴重なバーディが2つ。上がりホールもバーディとして気分よく1打差の最終日にのぞむ。

もし明日、東、佐藤が足踏みするようだと田中秀道、桧垣繁正あたりも優勝争いに絡んで激戦になる可能性も大。スンナリとは決まらなそうな予感だ。

初日から首位を走り続けている東聡だが、だんだんスコアが悪くなっているのが気がかり。「67-69-71だから、明日は2オーバじゃないの。気分的には何も変わっていないつもりなんだけど、フェアウェイに打ちたいという気持ちがちょっと出すぎかな。今日もチョロチョロとラフ入れたのが苦しんだ原因です」

しかし焦りはない。「それだけのことを自分はやっている。やっているという裏付けがあるから、自信を持てる。だから今日のゴルフもぜんぶ納得済みです」という。今日もスタート前、打球練習の他にいつものトレーニングをこなした。もうルーチンワークになっている。本当はもっとトレーニングしたいのだが、ちょっと時間がたりないくらいだという。

佐藤信人の最終ホールは8番アイアンの3打目が50センチに付いた。明日につながるバーディ。「それより16番17番のパーセーブが大きかった。16番から雨が降ってきて、カッパを着て、遅れたと思って走った。よく素振りもせず打ったのが風の読み違い。軽率でした。でもバンカーから3メートルに乗ってそのパーパットをナイスセーブ。17番も7~8メートルあるラフからのアプローチ。うまくいきました」

先週データを見たら自分のパーオン率が2位になっていることを知った。「夢のような数字です」と佐藤は言う。実際、ショットの確率が良くなっている実感がある。またここ数週トップ10に入っているのも前向きな気持ちになれる理由という。「明日も楽しみです。日本プロも30数試合の1つと考えたいけど、でも普段の試合と違います。今日もいつもよりテンションが高くなってしまった。なんといっても日本プロですから」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 日本プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!