ニュース

国内男子サントリーオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉が首位キープ。1打差に4人という混戦が続く

サントリーオープン3日目。初日から首位をキープする片山晋呉が11アンダーまで伸ばした。5番ホールでボギーを叩き集団に吸収された。しかし、8番パー5から4連続バーディを奪い11アンダーまで伸ばし、再び単独首位に立った。その後の片山はショットがブレ、度々パーオンに失敗したが、得意の小技でパーセーブを重ねた。

「明日は天候次第だが、今日みたいなゴルフになると思う。今日はやってて楽しかった。プレッシャーとかではなく緊張している時間が楽しい。明日も楽しいでしょう」

片山を追いかける選手もスコアを伸ばした。前日2位タイに浮上したジャンボ尾崎は、スタートの1番ホールでボギーを叩いたが、3つのパー5を全てバーディを奪った。さらに14番でも3メートルのバーディパットを慎重に沈め10アンダー2位タイで最終日を迎える。

ジャンボと同じ2位タイには、芹澤信雄D.チャンド、さらに招待選手のD.クラークが並んでいる。パットに苦しみスコアを伸ばせなかったクラークは、14番で2段グリーンの下の段から約15メートルのバーディパットをねじ込んだ。そして終盤の17、18番を連続バーディとし、最終日を最終組でラウンドすることになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 サントリーオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!