ニュース

国内男子サン・クロレラクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

上がり4連続、バーディラッシュで飯合肇が首位に浮上

サン・クロレラ クラシック3日目は順位が大きく入れ替わった。2日目に単独首位に立った合田洋は踏ん張りきれず、75を叩き1アンダーの4位タイに後退。強風が続く中、風に強い友利勝良も勝負どころで池に入れるなど、74を叩きイーブンパーの8位まで後退した。

この日スコアを伸ばしたのは1アンダーからスタートした飯合肇。2番でダブルボギー、3番でもボギーを叩いた飯合はそのまま崩れることはなかった。5番、7番、11番でバーディを奪いスタート時の1アンダーに戻した。

「15番のバーディがすごく大きかった。ここでなんとかバーディを取りたいと思って取ったバーディだった。ボクは乗ってくれば入るし、乗らないときは1メートルでも外れるタイプだから・・・。今日は乗っていたので、いいストロークができたという感じだね」

狙っていたという15番でバーディを取った飯合は16、17番でおよそ7メートルのバーディパットを沈め、最終18番でも3オンは成功しなかったが、グリーン縁からの4打目をパターでカップインした。爆発力のある飯合の本領発揮といった感じだ。

飯合に1打差の4アンダーには、この日のベストスコアをたたき出した井田安則が浮上。3アンダーの3位にはA.ボノムがついている。

また、この大会では最終18番パー5にイーグル賞がかけられているが、高見和宏がピンまで60ヤード手前のバンカーからチップインでイーグルを奪った。賞金は決勝2日間で200万円の均等割り。明日、誰も達成しなければ200万円は高見の懐に収まる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 サン・クロレラクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!