ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

近藤智弘が初めてのホールインワンで、5アンダー首位。

ゴールデンウィーク恒例のフジサンケイクラシックが静岡県の川奈ホテル富士コースで開幕した。初日は雨と時より強く吹く風が選手を苦しめた。

川奈は、もともと難易度が高いのだが、この悪天候の中、好スコアをマークしたのは昨年のクウォリファイングトーナメントで首位になったプロ2年目近藤智弘。前半を1アンダーで通過し、後半は10番でバーディを奪い2アンダー。そして迎えた11番パー3、8番アイアンで打ったティショットはカップに吸い込まれた。

「全然見えなかった。うれしかったー、生まれて初めて。プライベートでもやったことないから、めちゃうれしいですよ。1回やれれば上出来です。11番に入る前にバーディを取って他の人のスコアを見て、みんな悪いんだなと思い、きっちりのせてという感じで打った。バーディもねらっていない。おさえめに軽く打って自分としては、少し右にいったなという感じ。本当にねらっていなかった」

アマチュア時代も含めては初めてというホールインを記録した近藤は、その後14番から16番ホールまで3連続バーディも奪い66でまわり、5アンダーまで伸ばした。

首位近藤に2打差の単独2位には小達敏昭。 前半は4バーディを奪ったが、1ボギー、1ダブルボギーで1アンダー。しかし、後半は10、16番でバーディを奪い、後はひたすらパーセーブという我慢のゴルフで3アンダーをマークした。

さらに、2打差の3位には、渡辺司藤田寛之林根基の3人が並んだ。「条件は皆一緒。川奈でのこういうコンディションは過去に何度か経験しているから」ここ数試合安定したゴルフで優勝争いに絡む渡辺は、2オーバーまでスコアを落としたが、終盤15番ホールからは3つのバーディで1アンダーまでスコアを伸ばした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!