ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

若手で注目の矢野東が優勝争いに加わってきた

国内男子ツアー「つるやオープン」の3日目、上位に立っていた藤田寛之、堺谷和将の2人がスコアを伸ばせず混戦になってきた。

この日スコアを伸ばし大会を盛り上げたのは24歳の矢野東だった。4アンダー7位からスタートした矢野は前半3つのバーディを奪い、後半も12番ホールでダブルボギーを叩いたが3つのバーディを積み重ね8アンダーまで伸ばした。

最終18番ホールを単独首位で迎えた矢野は、ティショットを右の林に打ち込んでしまった。そして、パー4にもかかわらず5打目でようやくグリーンに乗せることができた。5メートルはあるダブルボギーパットを一発で沈めた矢野は両手を高々と挙げてガッツポーズを見せた。

このホールでダブルボギーを叩いたが首位に2打差の6アンダーでとどまった矢野は、最終日に逆転優勝を狙う。昨シーズン、チャレンジツアーのランキング3位に入りレギュラーツアーの資格を得た矢野。その風貌はまさに”今どきの若者”ビジュアル系のゴルファーという感じだ。

そして、単独首位に立ったのは最終組で唯一スコアを伸ばしたD.ウィルソン。3バーディ、1ボギーと動きは少ないが確実にスコアを伸ばした。昨シーズン2勝をあげた実力で最終日に逃げ切れるか。

2位の矢野と並んでいるのは3ストローク落とした藤田寛之、スコアを1つ伸ばしたインドのJ.M シン。そして、2日目に14番ホールでトルプルボギーを叩き失速していた宮本勝昌が復活してきた。

また、5アンダー6位に谷口徹手嶋多一が並んでいる。爆発力のある谷口、安定感のある手嶋も逆転優勝が可能だ。最終日は誰がスコアを伸ばしてくるか楽しみだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。