ニュース

国内男子日本プロゴルフマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

T.ハミルトンが9年ぶりのマッチ制覇!賞金も1億円を突破!!

国内男子ツアー第17戦「2003 日本プロゴルフマッチプレー選手権」が北海道、苫小牧市のニドムクラシックコースで開催された。この1年間の賞金ランキング上位32名による1対1の真剣勝負は、2年ぶりに外国勢2名での決勝戦を迎えた。

今シーズンすでに3勝し、賞金ランキングでも首位(海外賞金含まず)のトッド・ハミルトン(米国)対、昨年の日本オープンとカシオワールドオープンに優勝したデビッド・スメイル(ニュージーランド)。1番、2番ホールを連取したハミルトンが試合を優位に進めた。

しかし、スメイルもそのままズルズルと差をつけられる訳にはいかず、16ホール目でついにマッチイーブンに戻した。その後も一進一退の攻防が繰り広げられ、24ホール目にはスメイルが初めてリードを奪った。試合の流れは粘ってリードしたスメイルに傾いたと思われたが、25ホール目にハミルトンがバーディを奪って取り戻すと、再びハミルトンに流れが行ってしまった。

続く26、27、28、4連続でバーディを奪い、あっという間にハミルトンが3アップ。33ホール目にスメイルが1つ返したが、34ホール目にハミルトンがアップ。3アンド2、2ホール残して3アップしたハミルトンが、1994年以来2度目の栄冠を掴んだ。昨年優勝の佐藤信人と同じく大会前に賞金ランキング首位のハミルトンが、優勝賞金の3000万円を獲得し1億円の大台に乗せている。

また、前日の準決勝で敗れた平塚哲二宮瀬博文の3位決定戦だが、こちらは息を呑む接戦が展開された。前半は平塚がリードし、中盤は宮瀬が逆にリードを奪った。そして、18ホールでは決着がつかず、通算22ホール目に平塚がバーディを奪い賞金900万円を獲得することになった。

※【ドーミーホール】:そのホールで勝つか引き分ければ、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【アップドーミー】:そのホールで勝てば、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【スコアの見方】:例)「2アンド1」:「2」はアップ数を指し、「1」は残りホール数を指す。
マッチプレーでは、勝ちが決定したホールで試合は終了となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 日本プロゴルフマッチプレー選手権




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。