ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

伊沢が単独トップに浮上

国内男子ツアー第10戦「~全英への道~ミズノオープン」3日目。風雨に見舞われた2日目と比べ穏やかな気候となったが、舞う風に翻弄される選手が多く、一進一退の展開となった。この日トップに踊り出たのは伊沢利光だった。

出だしの1番からバーディで好発進した伊沢は、中盤以降に本領を発揮。7番ホール以降に5つのバーディをマークするなど68で回り、トータル10アンダーの単独首位に立った。しかし最終の18番パー5では2オンしながら3パットするなど、3日間を通してパー5で1アンダーしか伸ばしておらず苦しめられている。グリーンのアンジュレーションに翻弄されており、パットの克服が最終日のカギになりそうだ。

1打差の2位には52歳のベテラン山本善隆。「道具の進歩で昔の飛距離が戻り、ゲームが組み立てられるようになった」という山本だが、ショットのミスは持ち前のショートゲームとパターで取り戻すという、ゴルフのお手本ともいうべきプレー内容で9アンダーまで伸ばした。明日は10年ぶりの優勝をかけて戦う。

首位でスタートしたトッド・ハミルトンは風で距離感を失うホールが多く、1つスコアを落とし7アンダー4位タイまで後退。

明日ついに全英への切符を手にする選手が決まるが、現在圏外にいる伊沢は優勝が絶対条件となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ~全英への道~ミズノオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!