ニュース

国内男子JCBクラシック仙台の最新ゴルフニュースをお届け

息詰まるデッドヒートを制したのはベテラン!

国内男子ツアー第8戦「JCBクラシック仙台」最終日。3日目を終えて首位の友利勝良と、5打差の2位でスタートしたツアールーキー宮里優作が、終始息詰まる試合を展開。後半の要所を締めた友利がトータル20アンダーで勝利をもぎ取った。1995年日本プロマッチプレー以来となる8年ぶりの優勝となった。

48歳の友利と22歳の宮里は共に沖縄出身。同郷同士の新旧対決と最終日を前に話題を集めてのスタートとなったが、前半はお互いに出方を探るかのように静かな出だしで、試合が動いたのは7番ホール。宮里がバーディを奪い、そこから9番まで3連続バーディ。12番パー5ではイーグルを奪い、友利に1打差まで詰め寄った。

しかし次の13番ホールで友利がバーディを奪うなど再び宮里を引き離し、2打差をつけて迎えた今大会の最難関と言われる16番パー4で明暗が分かれた。

ティショットを左のラフに外した宮里に対し、友利は確実にフェアウェイキープ。2打目もきっちり寄せバーディを奪い3打差。この時点で勝利をほぼ確実なものとした。

「勝てるとは思ってなかったので嬉しい。同組の2人(宮里と高山)には飛距離で50ヤード置いてかれるので、それにまどわされず自分のゴルフをするよう心がけた。全英オープンに行く事になるかもしれないが、みんなに応援してほしい」

友利といえば、1995年に全英オープンで活躍し、その後欧州ツアーにも参戦しシード権を得るなど活躍したことが記憶に新しい。この調子で全英への切符を手にする事ができるか注目したい。

宮里は鳴り物入りでプロ転向して以来、周囲の期待とは裏腹にプレッシャーを感じたのか結果を出せずにいたが、ようやく本来の力を発揮し始めた。「友利さんが良いプレーをしていたので結果は仕方がない。しかし3日目、最終日と良いスコアで回れたので自信がついた」と自信を取り戻したようだ。48歳のベテラン友利の円熟のプレーにしてやられたが、プロ入り後初となる優勝争いで得たものは大きい。日本の至宝の今後に期待しようではないか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 JCBクラシック仙台




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。